企業のホームページに欠かせない5つの項目

いまや企業にとって欠かせないものとなったホームページ。しかし、いざ作ろうと思うと「何を載せたらいいのかわからない」「考えてはみたものの、これでいいのか自信がない」と迷うこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、企業のホームページに必要な情報と、それぞれの役割をご紹介します。

目次

これだけは載せておきたい5項目

ホームページはお客さまとの出会いの場であり、企業の信頼につながる場でもあります。
華やかなデザインや多彩な情報を用意するのも良いですが、特に押さえておくべき点として以下の5項目は最低限載せておきましょう。

会社概要

会社の基本情報を明記します。企業として信頼を得るために必須の項目です。
会社概要には

会社名
代表者名
所在地
連絡先(電話、FAX、Email)
設立年月日
事業内容
資本金(法人の場合)

などの情報があるとよいでしょう。
この他、経営理念や代表挨拶などを載せるものおすすめです。企業としての姿勢やメッセージを伝えることができます。

事業紹介

どのような製品やサービスを提供しているのか、事業内容を詳しく紹介します。会社概要から一歩進んで、さらに深く会社を知ってもらうための項目です。

製品、サービス紹介

コンテンツ_商品一覧

提供している製品やサービスを具体的に紹介します。製品のイメージや価格、サイズなど具体的な情報を伝えることでお客さまの関心を高め、「もっと詳しく知りたい」「使ってみたい」と思ってもらえるようにします。

お問い合わせフォーム

会社や製品、サービスに興味を持ってくれたお客さまからの問い合わせ窓口として機能します。24時間自動で問い合わせを受け付けることができます。

お客さまにとっては

  • 時間を気にせず問い合わせができる
  • 電話に比べて心理的な負担が少ない
  • 決まったフォームに沿って入力すればよい

といった点から気軽に利用しやすいのがメリットです。

会社側も受付時間や人員の問題でこれまで取りこぼしてしまっていた問い合わせを受けられるようになり、自動対応によって業務負担も軽減することができます。

フォーム作成時のポイントは下記記事でご紹介しています。

入力フォームとは?必要な項目や作成時のポイントを徹底解説
ホームページから問い合わせを獲得!必ず設置したい「フォーム」とは

プライバシーポリシー

個人情報の取り扱い方法について、自社の方針を示す項目です。お問い合わせフォームなどを通してお客さまの個人情報を取得する際は、こうした情報を記載しておく必要があります。

今は個人情報の開示に対して不安を抱く人が多いので、企業として個人情報を適切に取り扱っていることを明確に示し、お客さまに安心を与えることが大切です。

あればもっとよくなる!おすすめ項目

以上5つの項目に加え、自社の製品特性や顧客層、強化したい取り組みなどに合わせた項目も設ければ、さらに効果的にホームページを活用することができます。例えば以下のような項目です。

活用事例や実績紹介

コンテンツ_お客さまの声

製品やサービスの導入例や、実際に利用したお客さまの感想などを紹介します。第三者の視点で製品やサービスの良さを伝えることで、よりお客さまからの信頼を向上させることができます。

ニュース

コンテンツ_ニュース

新製品の発売情報、イベントやキャンペーンのお知らせ、営業時間の変更など、最新情報を紹介します。「今知ってほしい話題」を他の情報に埋もれることなく届けることができます。

よくあるご質問

コンテンツ_よくあるご質問

よくお問い合わせのある内容を中心に、その疑問を自己解決するために設置します。その場で解決できるため、お客さまのストレスを軽減することが可能です。また企業側にもメリットがあり、Q&Aを設置した内容に関するお問い合わせが減ることが予想され、問い合わせ対応の工数削減に繋がります。

採用情報 

就職目的で企業のホームページを訪問する人も多いので、人材を募集している場合は採用情報を載せておきましょう。有料の求人サイトを利用するよりも費用がかからないので、採用コストを軽減できます。

Hirameki 7のホームぺージ作成機能

Hirameki 7のホームぺージ・LP作成機能では、プログラミング不要でサイトをつくることができます。

今回ご紹介したホームぺージで用意すべきコンテンツについても、テンプレートを用意しているため、情報を埋めるだけで簡単に作成が可能です。

まずは最低限の項目から

ホームページに企業情報をしっかり掲載することは、お客さまから「信頼できる企業」と認識してもらううえで非常に大切です。さらに、情報を充実させることは「他社との差別化」にもつながります。本文でご紹介した内容を参考に、まずは必要最低限の項目から検討して、徐々に自社のお客さまにあわせて掲載情報を充実させていくとよいでしょう。

Facebook X LINE