アンケートの作り方やポイントを解説。回答率をあげる6つのコツ!

アンケートは、顧客の声を直接聞く最も効果的な手段の一つです。しかし、作成方法によっては回答率に大きな差が出ることも。どうすれば多くの人に答えてもらえるのか、そのポイントを分かりやすく解説します。

この記事では、アンケート作成時に注意すべき6つのポイントを紹介するとともに、回答率が向上する具体的な方法をお教えします。またアンケートが作れる「Hirameki 7」を使いこなせば、さらに効率的なアンケート作成が可能です。

目次

アンケートを作る際のステップ

アンケートの作成は、情報収集意見把握に非常に有効です。適切なステップを踏むことで、目的に合わせた有益なデータを収集できます。以下のステップに沿って、効率的かつ効果的なアンケートを作成しましょう。

アンケートの目的を明確にする

アンケートを作成する際の最初のステップは、その目的を明確にすることです。

  • 何を知りたいのか
  • どのようなデータが必要なのか

を具体的に決定します。目的が明確になっていれば、後続のステップがスムーズに進行し、無駄な質問を省くことができます。

例えば、製品に対する顧客満足度を測るアンケートでは、顧客の感想や改善点を聞く質問が中心になるでしょう。

ターゲットを決定する

次にアンケートの対象者、つまりターゲットを決定しましょう。回答者の特性(年齢、性別、職業など)によって、質問の内容アプローチ方法が変わります。

ターゲットが明確であれば、それにあわせて最も適した質問を設計でき、高い応答率質の高いデータが期待できます。また、専門的なテーマであれば、その分野に詳しい人々を対象にすることが適切です。

アプローチ方法についても、若者を対象にする場合、SNSを利用した調査が効果的かもしれません。

質問する項目を決める

どのような情報を得たいかに基づいて、質問する項目を決めます。ここで大切なのは、必要な情報だけを効率よく聞くことです。無関係な質問は回答者の負担となり得るので、質問は明確シンプルにし、回答者が理解しやすいように配慮することが求められます。

例えば1ヶ月前のことをアンケートで回答して貰う場合、事細かに聞くと回答者は覚えておらず負担がかかるケースが多いです。

負荷が大きくなればなるほど、回答精度が下がる可能性が高いため、回答者の疲れを考慮した上で、必要最低限の質問項目になるように心がけましょう。

質問タイプを決め、文言を用意する

質問のタイプには開放型閉鎖型があります。開放型は自由回答で、閉鎖型は選択肢から選ぶ形式です。そして、それぞれの質問に最適な文言を考えます。

この階段では、意図した情報を効果的に得られるよう考慮が必要です。例えば、感想を詳しく知りたい場合は開放型を、特定の評価を知りたい場合は閉鎖型の方が適しています。

また文言は誘導するようなものではなく、中立的になるように注意しましょう。例えば、

【誘導】このパッケージはスタイリッシュだと思いますか?
【中立】このパッケージのデザインをどう思いますか?

前者の質問は「パッケージがスタイリッシュ」ということを暗に示しており、回答傾向を歪める可能性がでてきます。質問内容は中立的になるように意識しましょう。

順番を整理する

質問項目が決まったら、それらの順番を整えます。回答者がスムーズに答えられるよう、論理的な流れを意識することが大切です。

短い質問から始めて徐々に詳細な質問へと進む、あるいは類似した質問をまとめるなど、回答者の心理を考慮しながら順番を決めると良いでしょう。

アンケートフォームを作成する

実際にアンケートフォームを作成します。このとき、使いやすいデザインを心がけることが重要です。オンラインであれば、操作性の高いWebフォームを、紙ベースであれば読みやすいレイアウトを選びましょう。

目的とターゲットに合わせたフォーム作りをすることで、回答率の向上が期待できます。

テスト送信を行う

最後に、実際にアンケートを数名にテスト送信し、内容の適切性を評価します。

このフィードバックを元に、質問内容の調整や表現の修正を行い、最終版のアンケートを完成させます。このテストは、予期せぬ誤解を避けるためにも重要です。

またWebフォームを利用する際は、回答送信まで正常に行えるかも確認しましょう。

アンケート作成時の6つのポイント

効果を最大限に引き出すためには、アンケートの設計にいくつかのポイントを抑えておく必要があります。

ここでは、アンケートを作成する際に注意すべき6つのポイントを解説します。意識することで、より正確で有用なデータを獲得することができるでしょう。

適切な質問タイプを選択する

アンケートにはさまざまな質問タイプがあり、

  • 選択式
  • 記述式
  • ランキング式

などが挙げられます。適切な質問タイプを選ぶことは、回答の質アンケートの目的達成に直結します。選択式は答えやすく集計が容易ですが、より詳細な意見を知りたい場合は記述式が適しています。ランキング式は優先順位を把握するのに便利です。

このように、それぞれの質問タイプの特徴を理解し、アンケートの目的にあわせて最適なタイプを選ぶことが重要です。

選択肢はなるべくシンプルにする

選択肢を設ける際は、その表現をシンプルにすることが肝心です。複雑で難解な選択肢は回答者を混乱させ、誤解や誤答の原因となることがあります。

各選択肢は明確で簡潔にし、回答者が一目で理解できるように配慮しましょう。また、すべての選択肢が均等にバランスよく配置されていることも大切です。これにより、無意識のバイアスや誘導が生じることを防げます

所要時間を提示する

アンケートに回答する際の負担を軽減するためにも、回答に必要なおおよその時間を事前に提示することが効果的です。

所要時間を知ることで、回答者は自分のスケジュールを考慮してアンケートに臨むことができます。また、短時間で終わることが明示されている場合は、回答率が向上する傾向にあるため、時間的な期待値を設定することが重要です。

回答しやすいように工夫する

アンケートはできるだけ多くの人に応じてもらえるように、回答のしやすさを工夫することが求められます。これには、明確な指示見やすいデザイン論理的な質問の流れが含まれます。

質問がランダム順に並んでいると回答者は混乱する可能性があるため、類似した質問をグループ化するなどの配慮が必要です。

必要最小限の質問数にする

アンケートの質問数は多ければ多いほどよいというものではありません。必要最小限の質問に絞り込むことで、回答者の負担を減らしつつ核心的なデータを集めることができます。

無関係な質問や重複する質問は削除し、最も重要な情報のみを収集するようにしましょう。これにより、回答の質も向上します。

個人情報の取り扱いについて明記する

アンケートで個人情報を扱う場合は、その取り扱いについて明確に記載し、回答者に安心感を提供することが必須です。個人情報の保護は法的な要件を満たすだけでなく、信頼関係の形成にも寄与します。

どのように情報が使われ、どのように保護されるのかを透明にすることで、回答者の同意を得やすくなります。

アンケート作成ならHirameki 7のフォーム機能

Webフォームでアンケートを作成する際はHirameki 7のフォーム機能がおすすめです。

無料で試せる

Hirameki 7無料で試すことができるため、使用感を事前に確認ができます。イメージ通りのアンケートフォームが作れるかを確認した上で契約でき、気軽にご利用頂けます。

回答期限や件数の設定が行える

回答期限回答数の設定、アンケートを集める際に便利な設定が可能です。「先着限定○名の回答者にプレゼント」「○月末までの回答でプレゼント」など条件付きでアンケート収集を行う場合に便利な機能です。

さまざまな形式でWebアンケートを公開できる

アンケートの公開方法を以下からお選びいただけるのもHirameki 7の魅力です。

  1. Hirameki 7Webサイト機能を併用して公開
  2. すでにお持ちのホームページに埋め込む形で公開
  3. フォーム単体で公開

3の方法については、QRコードも自動で発行されるため、チラシに載せる場合などに簡単に活用することができます。

回答結果をグラフで確認できる

Hirameki7フォームのグラフ

回答データはHirameki 7内で自動集計されます。グラフも自動で生成されるため、集計の手間をかけずに結果を確認することができます。

Hirameki 7は即日アカウント発行ができ、簡単にお試しいただけます。詳細は以下ページをご確認ください。

お問い合わせやアンケートに最適|Hirameki 7のフォーム機能

Facebook X LINE